40代なら気をつけよう子宮がん

最近では40代前でも子宮がんが見つかったという人も
いるようです。年代は関係なくなってきているのかも
しれませんが、40代になれば、なおさら
気をつけなくてはいけないことでしょう。

女性の癌には、女性ホルモンが深く
関わってきます。
乳がんや子宮がんは、年齢が高くなるにつれて
発症率は大きくなります。
また妊娠・出産を多く経験されてる人と
全く経験のない人にも増えてきています。
子宮がんにも、2種類あり
子宮の入り口にできる子宮頸がんと子宮の奥に
できる子宮体がんがあります。
子宮頸がんのほうが、30代から40代と、若い20代の女性でも
多くみられます。
子宮体がんは50代以降に多く見られます。
どちらにしても、女性にしかない子宮なので若いから
安心というわけではなく、日ごろより生活習慣は気をつけておく
必要があります。